07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

年中行事

2006.01.16 (Mon)

ここ2・3日、春のような陽気が続いている。一昨日は久しぶりに雨が降り、地面がしっとり濡れている。
昨日は全国的に道祖神(どんど焼き)をやったところが多かったようである。おちびが中学校に行ってからは地域の年中行事から足を洗ったので、季節感が薄れた気がする。
どんど焼きで「書初めを燃やすと字が上手になる」というので、冬休み中の宿題の書初めの書き損じなどを持ってくる子どもがいる。
モグも書き溜めたデッサンをそこで処分しようとしたが、6時前に子ども達が太鼓をたたいて地域の人を起こして歩いたのに、モグは起きなかった。
彼女が起きたときにはすでに日も高く上っており、どんど焼きの周り中人だらけ。とてもあそこに出かける勇気はなし、ましてや繭玉を作ってなかったので、手ぶらで行くにはあまりにも間が抜けている。
人が途絶えた昼過ぎにようやく行って燃やしてきたようである。

どんど焼き


繭玉


写真はいずれも2004年のもの クリックすると大きくなります。

井上靖の「しろばんば」にやはりどんど焼きで習字を燃やす場面があった。主人公が憧れた少女の書初めをいたずらっ子の田舎の子がひっくり返して字を見せて、少女が小さな叫び声をあげる。そんな光景が描かれていたと思う。
他のことは忘れてしまったのに、妙に印象に残っていて、どんど焼きというと「しろばんば」を思い出す。
今の子で、「しろばんば」の世界を理解できる子がいるのかなぁ・・・私が子どもの頃は子どもだけで作っていた道祖神小屋も今ではどこの地域でも大人が作り、子どもはその周りで遊んでいるだけである。
いずれ、この子ども達が小屋を作る日が来るのかな?
それとも、子ども達が大きくなる頃にはこういう行事はすたれていくのかな?
なにしろ、繭玉は作っても蚕を飼っている家はほとんどないのである。
スポンサーサイト
20:18  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(12)

コメント

モモ様、よそんちにおじゃましたかと思ってびっくりしてしまいました。
色鉛筆ですね・・・・爽やか。

むかぁし昔、私が初めて将来夫になる人の田舎を訪ねて行ったとき、どんど焼きを初体験。雪景色の中、まぁるくなって火を燃やして餅やらするめやら焼きながらお酒をいただきました。
「あの人はどこの娘だべぇ~?」
「ほら、○○ンとこの次男の嫁ごだべぇ?」
「んだんだ」
みたいな会話を、いちいち夫(になる人)に通訳してもらいながら、芸能人にでもなった気分だったなぁ・・・
その人は今の夫ではない・・・・・んじゃなくてよかった。
今も義父義母の「んだんだ」を聞きながら生活しています。
suppin |  2006.01.16(月) 20:44 | URL |  【編集】

なつかし~!

と~んと昔、静岡さ住んでた頃 枝に繭玉つけて火にあたりにいきました~。懐かしいです。こちらにきてからはどんど焼ではするめをあぶってる光景しかみなくなって、きっと子供達は忘れてるだろうなあ・・ほんと懐かしい気分にさせてもらいました。ありがとう~。
テンプレートが変って違うところにきたのかと錯覚してしまいましたよん。きれいですね。

うらら |  2006.01.16(月) 21:15 | URL |  【編集】

あ~

いいですね~。
季節を感じることができる行事があるなんて・・・。
私が今住んでる地域では、そういった行事はないんですよ。
子供の頃に母の田舎で何かの行事に参加して、妙に楽しかったのを覚えていますけどね。
テレビなどでこういった映像を観る度に、ぜひとも未来に遺して欲しい風景だと思います。
伝えていく上での、様々な問題もあるとは思いますけど、「時代だから」といって消えていってしまうにはあまりにも惜しいですよね。

このテンプレ、爽やかで素敵です。
春を感じます。
ゆめのすけ |  2006.01.17(火) 00:10 | URL |  【編集】

こんばんは♪

>suppinさん
「そちも愛いやつよのう♪」
可愛らしい花嫁さんだったのでしょうね。
なんか想像すると微笑ましい気がします。
若いっていいよねぇ・・・んだんだ。

>うららさん
こちらでも最近はウィンナーをくっつけた人を見ましたよ。バーベキューじゃないんだけどね。風情がないですね。
繭玉をつける木もホームセンターで売り出されていました。年々山から切ってくるのも大変になったのでしょうかね。

>ゆめのすけさん
子どもの頃にこういう経験があるのとないのとでは大人になってからずいぶんと違うと思いますよ。高学年から低学年まで一緒になって遊ぶ機会って今はあんまりありませんし、地域の大人と接することも大事だと思います。
地域の大人と顔見知りになっていれば、未然に防げる犯罪だってあるんじゃないのかな?って思いますけどね。

テンプレお褒めいただきまして、ありがとうございます♪各地で雪による被害が相次いでいるので、気が滅入ります。春を待ちたいです。
モモ |  2006.01.17(火) 00:51 | URL |  【編集】

雪の被害。。

パステルがきれいなテンプレですね~♪
昔は、庭で紙ゴミとかは燃やしていたけど、そういうのもなくなって
子供が生の火を見る機会もほとんどないですね。。

雪の被害、お年寄りも気の毒だけど、
昨日の保育園の屋根からおちた雪で亡くなった6才の子は、
ほんとに可哀想でした。。
雪といっても、南国で想像しているようなものじゃなくて
がちがちの氷の岩みたいなんですね…。
komachi-byj |  2006.01.17(火) 09:38 | URL |  【編集】

火の力~♪

モモさま、こんにちわ~♪
>道祖神(どんど焼き) わたしゃ、恥かしいことに「とんど焼き」って思ってました。
ここらは「とんど焼き」って言うんだけど・・・?!
日曜に小学校の校庭で確か、やったようなです。忘れて行かなかった。
昔は年中行事大切にしてましたよね。とんどの火の中で「焼き芋」すごく
美味しかったし、焼けるのが待ち遠しかった♪それに繭玉ですか??
ヾ(〃δoδ〃)ノワーイ♪風情がありますね。それも初めて聞きました。
猫谷姫 |  2006.01.17(火) 14:50 | URL |  【編集】

こんばんは。
偶然にも同じ話題の日記で。(^^♪
でも私も繭玉のことは知りませんでした。
土地柄があるのかしら?
紡績が盛んだったとか・・・?
それにしても早いうちからやるんですね~。
ひろのしん |  2006.01.17(火) 21:04 | URL |  【編集】

こんばんは♪

>komachi-byjさん
生き埋めになって亡くなった幼稚園児は本当にお気の毒でしたね。
私たちには想像もつかない怖いものなんですね。
今の子どもたちは高学年でもマッチもすれない子が増えているそうですよ。
使う機会もないですもんね。
便利になって生活能力が退化している部分もありますね。

>猫谷姫さん
地方ごとに呼び名が違うみたいですね。
小学校の校庭でやるっていうのがすごいですね。後片付けやら何やらで大変そうな気がしますが・・・
焼き芋は魅力的ですね。

>ひろのしんさん
群馬は名だたる養蚕県だったので、繭玉とか真剣に作っていたのではないかと思います。繭がちゃんととれるように・・
実家では養蚕をやらなくなって梅を栽培するようになってからは母が「梅玉」だと言って作っていました。いろいろこじつけをするのが好きだったので・・・
モモ |  2006.01.18(水) 01:39 | URL |  【編集】

知りませんでした・・・

モモさん、おはようございます!
テンプレが可愛くて朝からほのぼのしちゃいました(^ー^)ノ
それとどんど焼きで書き初めを燃やすと字が上手になる・・と言う事を
初めて知りましたっ。。。(^^;;しかし最近こう言う行事にもすっかり
参加する事もない私、何かモモさんの写真で色々昔を思い出しましたっ☆
kyoppy |  2006.01.18(水) 07:39 | URL |  【編集】

kyoppyさん、こんばんは♪
いろいろこじつけているのかもしれませんが、けっこう書き損じを持ってくる子がいますよ。
こちらではだるまやお守り、お札なども燃やしています。いつぞやは仏壇を持ってきた人がいて断られていました。そりゃそうですよね。
モモ |  2006.01.18(水) 20:17 | URL |  【編集】

こんばんは~。
さっき「ひまっこき部屋」の「アルバム」の道祖神を見せて頂いてきました。
”道祖神小屋”って、物置小屋ではなくて燃やす小屋なのですね!中に炉も切ってあってとても興味深かったです。
お母さんのご実家で馬を、モモさんのお家でははヤギを飼っていたりお蚕さんとか・・・そんな環境で育ったモモさんがなんだか羨ましいです。
15日の記事、拝見しました。
>もちろん、そんなことする訳ないじゃない。私のファーストキスはヨンジュナのためにとってあるのよン♪
モモさんったらぁ、ハッハッハッハッ笑わせて頂きましたよ~!
じゅん |  2006.01.18(水) 23:33 | URL |  【編集】

じゅんさん、こんばんは♪

ホームページの方を見てくださったのですね。
どうもありがとう。あの小屋はおちびが6年生の時のもので、私が関わった最後の小屋作りだったので、ちょっとばかり思い入れがありました。
何もない田舎のことで、育つときはそれほどいいとも思わなかったのですが、この年になるとよかったのかな・・・なんて思えるようになりました。
モモ |  2006.01.19(木) 23:13 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://porapora.blog19.fc2.com/tb.php/92-38cecfc4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。