07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

魔法の手

2005.11.30 (Wed)

ジョルジュ・サンドの「愛の妖精」を子どものころに読んだ。(拙HP「子どもの本の部屋」その他3で紹介)
愛の妖精

ヒロインのファデット(こおろぎ)一家は村の人たちからばかにされたり毛嫌いされたりしているが、薬草などに詳しく民間療法に長けている。ファデットは磨けば光る素材を持つ少女だが愛されたことがないので人と上手に交わることができない。でも、ある日村の人気者の双子の弟を助け、彼と恋愛関係に陥る。そして、人もうらやむ美少女に変身していくのである。その後、双子の兄もファデットにひかれるようになる。
前置きが長くなったが、このファデットが恋人の双子の兄を病から救う話が最後の方に出てくる。その治療方法は特別なものではなく、ただ手を当てるだけなのである。手を当てるといっても心に深く「この人が治りますように・・・」と念じなければ効き目はないとのことであったが、ただ手を当てるだけで病気が癒えたらいいなぁ・・・と感じ入った覚えがある。
その後、保健の先生が
「子どもがおなかが痛いと言ってきたらおなかに手を当ててさすってあげるだけでも痛みがとれることがあるんですよ。安心するんでしょうね。」
とおっしゃっているのを聞き得心がいった。それからは自分の子どもにこの“魔法の手”をよく使った。子どもたちが眠れないと言ってきたときなど
「おまじないをしてあげるよ。」
と言っておでこに手を当て、怪しげな言葉をつぶやく。しばらく静かに手を当てていると子どもは魔法にかかったように寝てしまう。まあ、単純なわが家の子ども達ならではだと思うのだが、この方法はけっこう効き目があった。(暗示にかかりやすいタイプだったのね♪)
腹痛などもこの手法で和らぐような気がする。
だんなは年中あそこが痛いここが痛いと言っているので、痛いと言っている部分に手を当ててじっと念じている。そのうち私が寝入ってしまうので、痛みが和らいだかどうかはわからないけれど・・・・
本当に“魔法の手”があって痛みを取り去ることができたらどんなにいいだろうと思う。
物語は兄の方がファデットに恋してしまい、『恋の病に効く治療法はない』というオチがついて終わるのだけれど・・・
スポンサーサイト
21:08  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(9)

コメント

魔法の手。。。

モモさん、おはようございます!
テンプレがクリスマスバージョンですね♪
それと魔法の手・・・確かに私も子供の頃、母親にそう言う風に
して貰うと自然と痛みが和らいでいた記憶があります(^▽^;)
旦那さまも、、、きっとモモさんの魔法の手で痛み和らいでいると
思いますよ!でも本当に何でも治せる魔法の手があるといいですよね~!
kyoppy |  2005.12.01(木) 08:17 | URL |  【編集】

モモさん、優しいわ~♪

おお~またもや模様替えですね~♪
ブルーのひいらぎでcool!!v-207
もう12月になっちゃいましたね。

>だんなは年中あそこが痛い…痛いと言っている部分に手を当ててじっと念じている。
ここ、感激しちゃいました。
私なんか、すぐうるさいな~って顔するし、「じゃまくさい…」って言っちゃうし…。見習わねば~。(もうすぐボーナスだし)
息子のウリだと「手当て」もしてあげるんだけどね。。(爆)
komachi-byj |  2005.12.01(木) 08:19 | URL |  【編集】

素敵。

とっても素敵なご夫婦ですねぇv-238
以前お医者様から、本当にさすったりなでたりすると痛みも和らぐし、軽い腹痛くらいなら治ってしまうと聞いたことがあります。
精神的な安心感が病気に与えるいい影響って、はかりしれないのでしょうね。
うちの息子は18歳、喘息で苦しい時くらいしか撫でさせてもくれません(涙)
しばらくさわってないわ・・・・まぁ、良しとしなくちゃね。
suppin |  2005.12.01(木) 11:00 | URL |  【編集】

手当て~~♪♪

(*^0^*)ノ オォー!!
お家がクリスマスになっとる~~~!!!

昔から「手当て」ってそういう事からなのですd(^-^)ネ!
痛い時ってさすってもらったり、優しい言葉一つで良くなる
ような気がします。その反対も然り。。。。
何でも肯定的に生きたいものです♪♪
猫谷姫 |  2005.12.01(木) 16:29 | URL |  【編集】

こんばんは♪

>kyoppyさん
優しくていいお母様ですね。私は子どもの頃母とスキンシップがほとんどなかった気がします。
しょっちゅうおなかを痛がってお医者さんにばかりかかっていました。
kyoppyさんのようになでてもらっていたら違っていたかもしれませんね。

>komachi-byjさん
「肩を揉んでくれ」とか「腰が痛い」とか言うときは私も知らん顔をしていることが多いです。モグはマッサージが上手なので最近は私よりモグに頼んでいますね。
なでるくらいなら楽なのでもっぱら触るだけ?です。

>suppinさん
息子さん喘息なんですか?大変ですね。
もう高校生ともなると、母親に触られるのに抵抗があるんでしょうね。うちの息子も触らせてくれません。
そんなに触りたいわけじゃないんですけど。

>猫谷姫さん
そうですね。肯定的っていいですね。
体の具合が悪いときはやっぱり優しい言葉が嬉しいですね。
魔法の言葉もありますね。


モモ |  2005.12.01(木) 20:37 | URL |  【編集】

いやいや、さわりたい

何度もお邪魔してすみません。
息子も18位になるとあーた!恋に墜ちた頃のだんなにそっくりになってくるんですのよ!(キモイ???)
そんで、「ちょっと触らせなさいよ、あんた!」とか言いたくなるんですv-40
でも、激しく抵抗されるんです(v-42
宅の息子は眼鏡をかけて身長が180あるものですから
ジョークで友人からヨン様とよばれているので、
母としては触りたい、触りたいv-237
あ、皆様のい~い感じのコメントからは外れてる・・・v-12ごめんなさい。
suppin |  2005.12.01(木) 21:16 | URL |  【編集】

いいなぁ!

まあ、ご馳走様♪
ご主人様とはそんな前から・・・のお付き合いなんですね。
ぞっこんだったのですね。わかりますよ~♪
ご主人もヨンジュナに似ているのかしら?
ご子息は180cmもあるんですね。まさにヨンさまですね!
これはぜひ、マフラーなんかもさせちゃいましょう。
(実は私ヨンさまマフラーを持っているんです。でもとても恥ずかしくて自分ではできないで、昨年はおちびにさせていました。)
モモ |  2005.12.01(木) 22:04 | URL |  【編集】

おもしろそう

読んだことがないので「今度読むぞリスト」に入れておきます。
魔法の手、だから「手当て」という言葉が生まれたとか。
精神的な部分が大きいからですね。
病は気からっていいますもん。
昔の人はよ~く知ってたんですね。

魔法といえば、「炎のゴブレット」を映画の日の今日見てきました。おもしろかったけど、カットシーンはやはりありました。いっぱい!
だんだん雰囲気が1作目と変わってきてますね。
まあ役者さんたちもどんどん年を取ってるから。
みんな変わっていくのね・・・とは、ハーマイオニーの言葉です。
ひろのしん |  2005.12.01(木) 22:12 | URL |  【編集】

早いですね!

もう映画を見てこられたのですね。早いなぁ。
外国の子ども達って大人っぽいからダニエル君なんかものすごく大人に感じてしまいますね。
早く映画をとらないとハリーがおじさんになっちゃいそう・・
「愛の妖精」はHPでも書きましたが、明治図書のはお薦めしません♪
牧歌的な物語でけっこう好きです。
モモ |  2005.12.01(木) 23:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://porapora.blog19.fc2.com/tb.php/47-1af6dbda

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。