07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

キオク、アンナヨ?

2006.09.13 (Wed)

スーパーで買い物をしていたら、私を呼ぶ声が聞こえて一瞬母に呼ばれたような気がしてはっとした。
でも、それは私と同じ名前の女の子を呼ぶお母さんの声だった。
そして、あんなふうに名前を呼ばれることはもうないんだなぁ・・・と思ったらせつなくなった。
だんなは私を名前で呼ばないので、私を名前で呼んでくれるのは両親だけだったのに、父はもういないし、母は私の名前を忘れちゃったので名前では呼んでくれそうもない。
記憶をなくしたチュンサンを見るユジンもこんな気持ちだったのかもしれないなぁ・・・。

母のところから帰ろうとしたら
「こんなに地所(どうもスペースのことを言ってるらしい)があるのに、帰るんかい?」
と言うので
「そうだね。こんなに広いんだから母さんはゆっくり寝られるよ。また来るからネ。」
と言って出てこようとすると、無邪気に手を振っている。その姿を見ると
「まっ、いっか・・・」
と思える。
存在までは忘れられていないみたいだし・・・。
覚えていなくてもいいことってたくさんあるしね。
スポンサーサイト
00:38  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

コメント

せつないねぇ・・・

友人は5歳の時に交通事故にあって、それまでの記憶をなくしたのですが、いまだに記憶をなくした時のことを覚えていて(変な言い方ですが、わかるかな?)、今でも辛いみたいです。
逆に私はここまで生きてきて、忘れたい過去もたくさんあるなぁ・・なんぞとふと思います。
忘れたい過去と忘れられない過去を選べないのが苦しいところですが、お母様は固有名詞より娘の顔を見て「この人は頼りになる人」「一緒にいたい人」というところが忘れてないんだねぇ。
「ま、いっか」だよねぇ。
suppin |  2006.09.13(水) 07:59 | URL |  【編集】

哀しい。

おかあさま如何ですか?娘がわからないのはモモさんは哀しいですね。お姑さんも大変だし、又お母様も具合が悪くなられて大変です。モモさんもお体気をつけてくださいね。
mary |  2006.09.13(水) 09:27 | URL |  【編集】

そうなんだぁ・・・・・・

モモさま、辛いよね~~~ごめんねこんな言葉しか・・・
>あんなふうに名前を呼ばれることはもうないんだなぁ・・・と思ったらせつなくなった
そうだよね。記憶が戻られると良いですねぇ。生きるってイロイロ
ありますね~~私は4人の両親のこれからの事、考えたら流石に
暗くなっちまうよ。まぁ、その時に考えよう。。。。仕方ないこと
たくさんあり過ぎる今日この頃。モモさまもお体ご自愛下さいね。
猫谷姫 |  2006.09.13(水) 22:21 | URL |  【編集】

ほんとだよねぇ・・・

>suppinさん
まさにその通り。
私なんぞもなくしたい過去でいっぱいでござんす。ま、故意に忘れようとしているせいか、ふだんは忘れていますけれどね。
名前なんか呼んでもらわなくても認識してもらっているから全然ドンマイ(変な日本語じゃな)ですよね。
しかし、同居している義妹の名前は出てくるってどういうことかいな?娘より嫁しゃんの方がいいのかな?
ま、いっか・・・

>maryさん
maryさんのところも大変でしたよね。
徘徊がないだけましだと思わなきゃね。隣近所、職場でも
「私は殺される」
って人権擁護委員会に電話をかけるお姑さんの話なんかで盛り上がっちゃってます。
「明日は我が身」
って、身に沁みちゃいます。

>猫谷姫さん
長寿社会を手放しで喜べないところがなんとも・・・
自分もああなるのかなぁ・・・と思ったら考えちゃいますね。
たくさんの手があって、ちょっとずつ世話を分担できる社会だとお互いに生きやすいのかもしれませんね。

本当に、ご心配いただきありがとう。
モモ |  2006.09.13(水) 23:26 | URL |  【編集】

寂しいね。

名前より頼りになって安心する人なんだからまさしく親子なんだよね。でも寂しいね。亡くなった義父はよくわからなくなってから私を奥さんだと思っているみたいですごく嬉しそうな顔をして微笑んでくれました。気持ちや記憶がずっと若~い時に戻ったみたいで、最後にうなされるみたいに歌った歌は小学校の校歌みたいでした。本人は状況があんまりしっかりわからない方がしあわせなんじゃないかなって思う時もあります。でも家族は辛いよね。どうぞお大事になさってね。
うらら |  2006.09.14(木) 16:48 | URL |  【編集】

モモさんも

大変みたいですね。
私の方のご心配もしていただきながら、ご自分の方もいろいろとおありなのに、いつも元気なモモさんこそ身体を大事になさってくださいね。
自分が年をとる分、親も当然年を重ねていって、避けようのない時がやってくるんですよね。
そして自分もそうなっていくのは、この世の常。
繰り返される自然の成り行きには従わざるを得ませんが、やはり身内となると様々な思いが交錯するものであります。
まだまだ悟りの境地には程遠い私です。
ひろのしん |  2006.09.15(金) 10:38 | URL |  【編集】

ありがとう

>うららさん
お気遣いいただきありがとうございます。
娘の名前は忘れても顔までは忘れられてないみたいだし、リハビリをすれば少しは回復するんじゃないかな?って期待はしています。
おじいちゃま、若くて血気盛んな一番いいときに戻られて幸せだったのですね。(うららさんのような若い奥さんもいて♪)

>ひろのしんさん
老後のことは自分で選べないのが残念ですね。
準備はできたとしてもそのとおりになるとは限らないし・・・
まあ老後でなくても明日のことはわからないと言うのは老いも若きも関係ないのかもしれませんね。
運を天に任せて生かされている間は精一杯生きるしかないのかな・・・
モモ |  2006.09.15(金) 22:02 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://porapora.blog19.fc2.com/tb.php/240-b294c034

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。