03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

庭でお花見

2016.04.25 (Mon)

藤

何の手入れもしないのに、今年も咲いた藤の花。

八重桜

同じく、肥料も何もないのに毎年きれいに咲く八重桜。

毎日お花見を楽しめる現在の境遇に感謝するとともに、日々の生活を大切にしていこうと思う。

スポンサーサイト
21:36  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

あなたの財布に愛はどのくらいありますか

2016.04.24 (Sun)

教会

ユチョンの最初のミニアルバムは「あなたの財布に愛はどのくらいありますか」というタイトルだった。日本のコンサートで、ユチョンが亡くなったお父さんの話をしたことがある。お父さんに一万円あげたことがあるが、お父さんはそれを使わずにお財布の中に入れたままにしていた。それを見て、ユチョンは大事なのはお金ではなく、お父さんともっと話をしておけばよかったと後悔したというような話だったと思う。
ユチョンの夢の中のことだったか、実際にあったことかどうかは不明だけど、胸を打つ話だった。ユチョンもお父さんも辛い時期を一緒に過ごし、お金にも苦労したという。ユチョンもやっとお父さんに楽をさせてあげられるようになった矢先、死に目にも会えずに、どんなにか後悔したことだろう。
その話がベースになっているのではないかと思われる、ユチョンの歌はせつなく、胸に響く。

一昨日、息子が帰省した。お昼をご馳走してくれたり、妹の車にガソリンを入れてくれたり、あれこれとしたがる。何か欲しいものはないかとしきりに聞くけど、特に欲しいものはないと言うと不満気である。欲しいものはある。あるにはあるが、下着なので、息子には買ってもらいたくない。息子もそれは嫌だと言う。そりゃそうだ。

今日、私は大学時代の友人達と会う約束があったので、一緒に駅まで行った。別れ際に息子が
「お茶でも飲んで」
と言って、お金をくれた。ユチョンの話を思い出して、泣きそうになってしまった。とても使えない。でも、使わないでとっておいたらユチョンのお父さんと同じになって、息子ががっかりすることだろう。
写メを撮ってありがたく使わせてもらうことにする。でも、しばらくはお財布に入れておいて余韻を楽しみたいと思っている。
昨日、読んだ本に60歳の親が80歳まで生きるとして、離れた子どもと会うのが年に6回ほど。20年間、その関係を続けた時間は約二ヶ月ほどになると書いてあった。つまり、その子どもにとって親は余命二ヶ月なのだそうである。場合によっては余命はもっと短くなるかもしれない。そんなふうに考えたことがなかったので、ドキッとした。一緒に過ごす時間を大切に過ごさないといけないね。

大学時代の友人達とはずいぶん長いこと会っていなかったけれど、あっという間にあの頃に戻れるから不思議だ。

20:56  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

またまたやってきた筍の季節

2016.04.21 (Thu)

湯がいた筍



筑前煮


また今年も筍の季節がやってきた。
大量に頂いた湯がいた筍。こんなにたくさん、湯がくのも大変だったことでしょうね。
今日は筑前煮にしてみた。

19:41  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

菜の花畑

2016.04.19 (Tue)

菜の花

筍

何かで、今、菜の花が咲いてきれいと書いてあったので行ってみた。平日だったのでほとんど人もいなくて、子育て中のお母さんとお年寄り夫婦が何組かいただけだった。
筍ももう顔を出しているんだね。

17:20  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

お家カフェ

2016.04.18 (Mon)

珈琲

家事が一通り済んで珈琲タイム。
平穏な一日に感謝。
薄着でいたら、寒くないの?と聞かれたので、
「着脱不可能なミートテックを着ているから大丈夫。」
と答えたら、
「着はできるでしょ。」
と言われた。はい、ごめんなさい。脱はできませんが、着はできます。

熊本では今も余震が続いているとのこと。
みなさまのご無事と一日も早い復興を祈っております。

10:49  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

烏との闘い

2016.04.13 (Wed)

今日、畑で作業して三時になったので、おじさんと二人休憩を取った。おじさんが袋をゴソゴソしてお煎餅を二枚くれた。袋入りだったので、一枚食べて、残りはペットボトルと一緒にスーパーの袋に入れ、木の枝に引っ掛けて作業を再開した。すると、ガサガサ音がする。音のする方を見たら、大きな烏が私の袋を漁っている。
「こらぁ〜‼︎」
と、大声を出したけど、どこ吹く風で、とうとうお煎餅の袋をつまみ出すと飛んで行ってしまった。やれやれ(○´・Д・`)ノやられたよ。
すると、すぐに戻って来て、また漁りだした。ペットボトルまで持って行かれたらたまらないので、そばに落ちていたボヤ(木の枝)を拾って、烏に向かって投げた。ボヤが軽かったので、烏には届かなかったけれど、とりあえず烏は私の方をチラ見してから飛んで行ってしまった。
家に帰ってから、家人に話すと、
「烏は顔を覚えているから、今度会ったら仕返しされるよう。」
と脅された。
ま・・負けないから・・・・


20:30  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

6年ぶりの妙義登山

2016.04.09 (Sat)

登山

私はいったい何をしているのだろう?
登る道すがら何度そう思ったことだろう。もう、二度と登ることはあるまいと思っていた山に午前中、登ってきた。それも、今まで行ったことのない大砲岩まで行ってきた。その先の天狗のなんちゃらいう岩はさすがに怖くて行かれなかった。今までの登山と違ったところは、自分のペースでゆっくりゆったり景色を眺め、休憩を取りながら行けたこと・・・
第四石門まで行って、もういいかな?とも思ったけど、恐らくこの先登ることはないだろうと思い、行ける時に行こうと思い切って行ってよかった。
しかし、人生はわからないよ。自分のことなのに、明日の自分が何をしでかすかわからないなんてね。
だから、面白いのかも。

20:20  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

畑というよりは山

2016.04.08 (Fri)

畑

本日の私の仕事場。同僚は70代と思われるおじさん。
一日中だと疲れるので、午後から3時間ほどお手伝いしてくる。勾配が急で上ったり降りたり、行ったり来たりするだけで体力を消耗する。
Oさんがしきりに心配してくれるので、平気を装ってたけど、家に帰ってきたら腰が抜けそうだった。
おじさんと二人で日本の農家の将来を憂えてきた。

23:34  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

貧乏性

2016.04.06 (Wed)


桜


垂れ桜


久し振りに晴れたのでお花見リベンジをしてきた。
午後は実家の畑のお手伝い。近所のおじさんも来ていて、二人で話しながら仕事をする。
「貧乏性だから、じっとしてるとなんかもったいなくて動いちゃうんですよね〜」
と言ったら、
「貧乏性ならいいよ。俺なんか貧乏だから。」
と返されてしまった。あんまりガツガツしないように、ゆとりを持って楽しみながら働かなくちゃね。畑の中をうそうそと歩き回ったのでいささか疲れた。おじさんが親切にも座り込んで、ふくらはぎがつった時の治し方を教えてくれた。効くかどうかわからないけど、試してみる価値はありそうである。
「また明日も来るかい?」
と誘ってもらったけど、早速明日は午前中に用事が出来てしまった。おじさんに、もう嫌になったかと呆れられるのが悔しい気がする。
おっと、ガツガツしない・・・
23:50  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

お花見

2016.04.04 (Mon)

桜三昧
念願だった平日のお花見。
お天気が悪かったのが残念だけど、午後2時間ほどウロウロしてきた。心が満たされる至福の時間。


16:58  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。