01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

被害甚大

2014.02.17 (Mon)

今日は職場はお休みになったので、上司の「無理しなくていいよ。」というありがたい言葉を真に受けて、一日お休みをいただいた。雪かきも三日目になったので、やる気もすっかり失せ、裏の雪をちょこっとかいただけで終わりにした。庭にはまだどっさり雪が残っているけれど、とりあえず道路の雪がなくなったからよしとしよう。
我が家の前の家ではカーポートが潰れ、母屋の屋根から落ちてきた雪で車の屋根も少しへこんでいた。ご近所さんはベランダの屋根が落ちちゃったとぼやいていた。昨日、買い出しに行って道路沿いの家を見たら、お年寄りが一人で住んでいた古い家の屋根がすっぽり落ちて、まるでガス爆発にあったようになっていた。片側だけで支えているカーポートはほとんどが潰れ、中には車までダメになっている家も数件見られた。
実家でも、ビニールハウスが一棟倒壊してしまったらしい。
これから再建が大変だなぁ・・と思う。

山梨では道路が寸断され、孤立状態の場所がずいぶんあるとかで、昨日のツイッターでは「この被害のありさまをマスメディアは報道しないし、この非常時に、総理は対策本部も設置しないで高級料亭でのんきに15000円の天ぷらなんか食っていて怪しからん。」と、賑わっていた。
総理がのんきに天ぷらを食っていたかどうかは知らないが、土・日のことだからと何の対策もとらないとしたら無能極まりない話である。
命の危険にさらされているときに、頼るべきものがないなんて・・・
パンを無料で提供したヤマザキパンの運転手さんとか、避難所になっている公民館に手伝いに行ってみると言っていた友達とか・・・
そういう人たちによってこの国は支えられているんだな・・・
スポンサーサイト
21:32  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

命がけ

2014.02.14 (Fri)

今日もまた雪が降っている。職場から帰る時はすでに道路には雪がいっぱい積もっていた。スタッドレスをはいている娘の車を借りようとしたら、朝早く出かけてしまったので、しかたなく自分の車で行った。私の車はノーマルタイヤなので帰りは恐る恐る帰ってきた。国道に出ることも考えたが、先日の大雪で2時間半もかけて通勤した同僚の話を思い出し、いつもの道路を帰ってくる事にした。
最初の難所は○○坂と呼ばれる場所。ローギアに入れてそろそろ下りてきた。肩に力が入る。坂を越えた後はしばらく直線道路が続く。
車がたくさん通っているはずなのに、道路の雪が解けていない。
右カーブで後輪が滑って車体が流れ、路側帯にぶつかった。路側帯の10センチほど向こうには電信柱が…車がつぶれなくて本当によかったと胸をなでおろしつつも、まだ性懲りもなく国道に戻ろうとしない私…
そして、最大の難所の峠越え・・・・登っている途中で軽自動車のお兄さんに抜かれた。ごめん・・・とろとろ走っていたからしびれを切らしたんだね。対向車のトラックが横向きになって止まっている。
登りよりも下りの方がずっと怖い。ブレーキを踏まないように気をつけながら対向車が来ないようにとひたすら祈る、祈る、祈る・・・。
やっとこさ、家まで帰ってきたが、駐車場に車がすべって入らなかったのでだんなに入れてもらう。だんなもだいぶ苦労して入れた後、車を降りてから滑って転んでいた。
まさに、雪の日は命がけ。
何でもなくって本当によかったと思いつつ・・・やっぱりスタッドレスを買わなければと思ったのであった。
(国道を走れ・・・ってか。)
22:40  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

雪かき

2014.02.09 (Sun)

totoro1
おちび作


今朝起きてみたら、昨日の雪が嘘のように快晴だった。
だんなが外で雪かきをしていたので、私も…自分の家の前の道路の雪かきをしていたら、隣近所の人も三々五々出てきて雪をかいている。一番びっくりなのは近くに住む90になろうというおじいさん。ねこ〈一輪車のことをこの辺ではそう呼ぶ)にかいた雪を積んで川に流している。我が家が一家総出で雪をかいていると、
「俺はいちんちじゅう暇なんだから、後は俺がやるからいいよ。」
とおっしゃる。いやいや・・そんなわけには…
半日ほど働いたら、だいぶ道路の雪がなくなった。
普段は挨拶程度しか交流のない近所の人と交流できる機会に恵まれて、大雪もときに役に立つものである。が・・・
腰が痛い。

14:36  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

春は近い?

2014.02.02 (Sun)

蝋梅

父の命日が近かったので昨日はおちびと墓参りに…末弟夫婦も来たらしく、お墓はすでに掃除されていた。お墓のすぐ側には梅畑があるのだが、梅はまだ咲いてなかった。帰りに実家に寄ったら、実家の庭に蝋梅が咲いていた。蝋梅を見ると、春が近いなぁ・・・と思う。母が生前持って行けと勧めてくれた花木であるが、庭が狭い我が家には無理と持ってこなかった。同じ理由で預けてある白木蓮同様、今更持ってこられない。木蓮はもう直径50cmほどの大木になっている。面倒は見ないで、花だけ楽しんで弟たちに申し訳ないと思いつつ、時々母との思い出を忍ばせてもらっている。
23:57  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。