11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ありがとう

2013.12.28 (Sat)

JYJカレンダー

やっと届きましたよ♪ 来年のカレンダーとメンバーシップウィークのDVD(これはカレンダーを買った人におまけでくれたもの)
想像していたよりもちょっと大きめ・・・ポストイットやメモもついていて色合いも私好みでなかなかにおしゃれです。(今年のカレンダーはコンパクトだったけど、いまいちでした。)
職場には飾れないので、夜しか見られないけど、一年間楽しめそう。
今年は4月のドームコンサート、11月のジェジュンのソロコンと楽しいひと時を過ごすことができました。JYJの3人と家族に感謝です。
スポンサーサイト
23:18  |  JYJ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

「健(たける)」と「美子(よしこ)」

2013.12.25 (Wed)

本格的に冬に近づきつつありますな。朝、車に乗り込むと、-2度・・・寒いわけです。そんなわけで、昨夜からゆたんぽくんの登場。お湯を沸かして入れるタイプと直に火にかけるタイプと二通りある。やっぱり、直に火にかける方が面倒が少なくて済む。
直に火にかける方を「たける」、一度沸かしてから入れる方を「よしこ」と呼んで区別している。ま、名前はどうでもいいんだけれど、名前があると親しみがわいて可愛く思えるから不思議。
朝まであったかいのがいいね。

20:41  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

「河童と狸と○○カード」

2013.12.23 (Mon)

先日テレビで「陰陽師Ⅱ」をやっていた。野村萬斎が出ていたので観ていた。狂言をやっているときとはまた別の魅力がある。余談だが、陰陽師の野村さんは韓国人俳優のイ・ジュンギくん(「王の男」で女装していた。犬とオオカミの時間については別ブログで・・・)によく似ていた。そして、羽生結弦くんにも・・・
ま、今回それは置いといて。
その陰陽師Ⅱに中井喜一氏が出ていたんだけど、だんなはすぐに名前が出てこない。
「えっと、なんていう人だっけ。ほら、河童と狸とDCカードの・・・」
「中井喜一」
「そうそう、それ。」

気の毒な中井さん…

しばらく見ていたら、中井さんが印を結んで早口でなにやら呪文のようなものを唱え始めた。しかし、何を言っているのか早口過ぎてわからない。もともと呪文みたいなものだから、わかったところでどうなるものでもないのだが、だんながアフレコで
「かっぱとたぬきとでぃーしーかーど・・・かっぱとたぬきとでぃーしーかーど・・・」
と、ぶつぶつ言い始めた。それが、中井さんの呪文にかぶさってぴったり。
もう、そうとしか聞こえない。真面目に演じているであろう中井さんに対して、なんと不謹慎な一家。ごめんね。でも、あのCM、好きでしたよ。


23:19  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ネグレクト丼

2013.12.20 (Fri)

コンビニで親子丼を買った。鶏肉がほとんど入っていなくて卵ばっかりだった。
娘が
「親がいない!」
と騒いでいるので
「ネグレクト丼だね。」
丼までネグレクトばやりなのか…
00:58  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

「ドム」とか「ゴック」とか・・・

2013.12.17 (Tue)

近所でご不幸があった。隣保班なのでお葬式の手伝いをしたりお悔みに行ったりするのだが…私は行かずにだんなが行った。正確に言うと、行かなかったのではなく、行けなかったのだ。悲しい事にここ数年、超新星爆発並みの速度で膨張が進んでいるため、喪服が窮屈になっているのだ。数ヶ月前に無理して着こんでいたら、娘がそれを見て、
「ドム」
と言った。


ドム

私が、だんなに
「娘にドムって言われた。」
とぼやいていたら、
「ドムって言うよりはゴックだろう。」

ゴック

・・・・
もう、ご飯作ってやんないから・・・
00:16  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

取り違え

2013.12.10 (Tue)

ちょっと前に、生まれてすぐに別の赤ちゃんと取り違えられて、60年間、他人の家で暮らしていた人が兄弟たちと訴訟を起こした話がテレビの話題になっていた。
ご本人にしかわからないご苦労や悩み、葛藤があった後の訴訟だったことだろうが、不謹慎にも漫画みたいだなぁ・・・と思ってしまった。私が子どもの頃、少女マンガの素材はバレー〈バレリーナ〉ものや、数奇な運命をたどるヒロインものが多かった。特に、私が夢中になって読んだものの一つに「ガラスの城」がある。マリサとイサドラという女の子が赤ん坊のうちに取り違えられる。金持ちの娘だったはずの心やさしい娘マリサは貧乏な家に育ち、イサドラは金持ちの家で高慢で欲の深い女の子として成長する。最初のうちは楽しく読んでいたが、だんだんイサドラのやり口がひどくなり、親子二代にわたるおどろおどろしい因縁話になって行ったので、最後の方はもう興味を無くして読まなくなったので、結末がどうなったか覚えていない。
私がこの漫画を思い出したのは、取り違えられたもう一人の男性がどうなったのか・・・・と思ったからである。テレビに出ていたのは「裕福な家で育つはず」だった彼で、「貧しい家で育つはず」だったもう一人の彼のことは話題には上らなかった。(配慮があったのだとは思うが・・・)どちらにも「兄弟」として育った家族はいただろうに・・・
かなり複雑な思いをなさっていることだろう。
ご両親はどちらもすでに亡くなっているということだったが、生きておられたらどんなに辛い思いをなさったことだろう。


ところで、我が家の息子は、私にもだんなにも似ていない。息子だと思って育ってきたから息子なんだけど・・・もしかしたらよそんちの子だったのかも・・・??
今更他人でしたって言われても困るよね。
23:25  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

お歳暮

2013.12.08 (Sun)


弟から届いたお歳暮♪自分では絶対に買えません~

07:57  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

5歳と××7カ月

2013.12.05 (Thu)

我が家のだんなは時々←いや、かなりの頻度でかも・・・子どもっぽいことがある。むくれるし、すねるし、ごねるし・・・
持てあました娘がぼそりとひと言。
「しょうがないよ。5歳と××7カ月だから・・・」

笑った。
それから我が家ではだんながやらかすたびにこのせりふでのりきっている。やれやれ・・・
23:29  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

起立、注目、礼

2013.12.04 (Wed)

井田ヒロトの「お前はまだグンマを知らない」をお読みになったことがあるだろうか?
絵柄は私好みではないけれど、かなり笑える。
特に、「起立、注目、礼」の号令のくだり。以前の職場に愛媛の方から大学に来ている若いオノコがいて、そのオノコが「群馬の号令には“注目”が入る」と驚いていたことに驚いた。小学生のころからずっとそれだったから、全然疑問に思わなかったんさぁ。

先日のゆるキャラコンテスト?で我らが「ぐんまちゃん」が3位だったとか・・・確か昨年も3位だったような…?昨年は友達に頼まれて投票したけれど、今年はしなかった。(知らない間に終わってたし・・・)
ま、「くまもん」ほどの知名度はないけれど、そこそこ知られているのかもね。

ちなみにぐんまちゃんとは・・・



ぐんまちゃん

昔はこの子「ゆうまちゃん」っていう名前だったのよね。初代のぐんまちゃんは
こちら。











ばば
漫画家のばばのぼるさんの作品です。著作権の問題で、ばばさん作のぐんまちゃんとゆうまちゃんが交代したと記憶している。個人的には「ゆうまちゃん」という響きが好きだったけど・・・
最近はどこもかしこもゆるキャラばやりだけど、ぐんまちゃんには流行に左右されず、この先もずっと群馬のPRをしていってほしいな。
そう言えば、再来年の大河ドラマのヒロインは群馬県令になった人と再婚した吉田松陰の妹さんだとか…群馬にも来るのかな?
21:00  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

365日のThanks

2013.12.03 (Tue)

手帳を新しくした。今まで使っていた手帳が大きめだったので小ぶりのものを探していたが、なかなかしっくりしたものがない。新しい手帳が発売される9月になると、もうそわそわと落ち着かなくなり、結局、2冊ほど買うはめに…娘たちには呆れられるが、毎日使うものなのだから気に入ったものでないとね。
今年というか、来年使うことになった手帳は「魔法の手帳」という帯がついていた。毎日何かしらメッセージが書きこんであるのだが、12月のところには<(心から楽しんでないなら)年賀状を書くのをやめる>とか、<無理してお正月の準備はしない>などと書いてあり、目から鱗状態。
単に私がものぐさだということもあるかもしれないが、おせち料理を作ることに辟易していた〈大したものは作っていないがけっこう時間もかかって大変なのである)身としては背中を押されたようで気が楽になる。肩の力を抜いて無理せず楽に生きなくちゃね←これ以上楽してどうするんだか…
今年は作りたいものを気の向くままに作ってみようかな♪
ところで、その手帳には「365日のThanks」というコーナーがあって、毎日、感謝することを書き込めるようになっている。簡単なようだけれどこれを毎日書くのは骨が折れる。自分がいかに何にも感謝しないで生活しているかがわかる。平凡な日常のありがたみはなくしてみないと気がつかないのかもしれないが、なくさないうちに気づきたいものである。<今日も家族が健康で無事に過ごせてありがとう>毎日、そんな記述ばかりだけれど、それは本当にありがたいことかもしれない。
365日、感謝の言葉で埋まりますように・・・
00:18  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。