08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

必然の出会い5

2010.09.30 (Thu)

ママのお店で知り合ったマッサージ(「リンパを流す」と言っているが)士(と言っていいのかどうか、とても親しくなったので、Tさんとお呼びすることにする。)さんのお宅に、月に一度友達と一緒に通い始めた。
以前、温泉に泊まった時マッサージを頼んだら、30分で4千円支払ったような気がする。(40分で3千円だったか?)ぎゅうぎゅう揉まれて、気持ちがいいというよりは“痛い”マッサージだった。Tさんのところでは1時間半ほど全身をくまなく揉んでくれて、3千円である。これは一般的に言って、安い価格だと思う。
Tさんは、
「1日100円自分のために貯金して、使ってください。1日100円なら罪悪感もないでしょ?」
と、おっしゃる。主婦は自分のための贅沢はなかなかできないものなのである。
Tさんのお宅はママと親しいだけあって、すっきりと片付いていて、ご自分で書いた掛け軸やら野の花がさりげなく飾られていて、ものすごく居心地のいい空間である。
部屋には茶香炉がたかれ、そば茶などを淹れてくださる。友達が治療してもらっている間は、おしゃべりしたり部屋にある本を読んだりして待っているのも楽しいひと時である。
Tさんは多趣味で詩作をしたり、山歩きをしたり、陶芸などもなさる。
あちこち出かけるので、おいしい食べ物屋さんもよくご存じである。(この夏、友達と軽井沢に行った時はTさんお勧めのピザ屋さんに行った。)
手軽なお料理も教えていただいた。トマトの上にスライスして水にさらした玉ねぎ、鰹節を乗せ、らっきょう酢とお醤油をかけるだけの簡単なサラダなのだけれど、あっさりしていてとてもおいしかった。この夏のような暑い毎日を乗り切るにはもってこいであった。
らっきょう酢は結構、使えて、しょうがをスライスしたものやみょうがを漬けこんでおいて重宝した。
マッサージはひと月に一度だけなので、その間にはどうしてもリンパが溜まってしまう。自分でなんとかできないものかと思っていたら、Tさんが足ツボをマッサージするといいと言う。で、Tさんが持っていた足ツボの本を借りて帰ってきた。
その話をママに話したら、なんと、ママは足ツボマッサージの大家だったのである。
スポンサーサイト
21:47  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

必然の出会い4

2010.09.28 (Tue)

ママは、午前中でないと石が選べないというので平日の午前中に予約してお店に行った。
その日は雨が降っていて、お客は私一人だった。ママがおもむろに腕輪状のパワーストーンを箱いっぱい出してきて、
「今日、石が決まるかどうかみてみますね。」
と言って、私の耳元で石をかざす。
「よかった。今日は出ますね。」
と言われたので私も一安心である。仕事を休んでまで来店したのに、決まらなかったらがっかりである。
「気になる石を選んで出してください。」
と言われて、6つくらい選ぶ。この中から決まるのかなぁ・・・と思ったら、私に一番必要な石はその中にはなかった。石を選びながら、ママは私が抱えている問題をさりげなく指摘してくれる。石がママに教えてくれるらしい。一番印象に残った言葉は『母子密着』である。確かに、自分ではそのつもりはなくても、<心配>という名のもとにずいぶんと子どもたちを束縛していた思う。そのことにより、自分自身を縛り苦しい毎日を送っていたのである。ママと話しながら、自分の至らないところがどんどん見えてきた。
石を選び終わったときには(結局は石が私を選んでくれたのだけれど)、状況は少しも変わっていないにもかかわらず気持ちはずっと楽になっていたのである。
21:05  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

垂れ流し

2010.09.27 (Mon)

余談だが・・・

年度末に幹事をやる人が
「納め会をどこでやろうか?」
という、気の早い話をしていたら、上司が、
「源泉垂れ流しなんてのもありますよ。」
と言う。聞き咎めて
「それって『源泉かけ流し』じゃないんですか?」
と聞くと、
「そう言った人がいるんですよ♪」
と、やけに嬉しそうである。
「もしかして○ツコさんですか?」
上司、黙って頷く。

やっぱりね。この職場にもタオルオンニのような人がいたのが何とも嬉しくて、今日は一日穏やかな気分で過ごすことができた。
秋の草花

20:36  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

必然の出会い3

2010.09.25 (Sat)

ママが言うには古くなったもの、プラスチックでできている造花、瞳のある人形、お土産にもらったお守り(その人のために名前などを入れたものは別だとか)などは邪気を集めてしまうらしい。
「さあ、捨てよう。」
と決意して家に帰ってきたのはいいけれど、子どもたちが小さかった時に親戚から頂いたぬいぐるみだとか、ごちゃごちゃした小物などが所狭しと置いてあって、何から手をつけていいかわからない状態であった。
とりあえず100円ショップで買ったような造花、埃をかぶった小物、使わなくなったCDやらFD、古くなって汚らしくなったお弁当箱などを片っ端からごみ袋に詰め込んだ。一回目の処分で7つのごみ袋がいっぱいになったように記憶している。(いかに普段掃除をしていないかがわかるというものである)
5月の連休後半は家のごみ捨てで終わってしまった。
自分ではずいぶんと捨てたような気になっていたが、ママの家の写真を見ると足元にも及ばない。ママの家は本当にすっきりと片付いていて、ママの趣味のガラスの花瓶などが美しく飾られている。まるで雑誌に出てくる家のようである。
今までが今までだったから、急には無理と自分を慰める。
二度目に喫茶店に行ったとき、お店の常連客の人と言葉を交わしているうちに、その方がマッサージを生業としている方だということがわかった。私も友達も肩や腰が凝るのでマッサージに行きたいという話をしているところだった。すると、その方が
「ちょっと診てみましょう。」
と言って、友達の肩やら腰やらを揉んでくれたのである。リンパの流れがよくないとのことで揉まれると痛いらしく、友達はひいひい言っている。15分ほど揉んでくれたあとで、今度は私も揉んでくださるという。15分も友達を揉んだ後でお疲れだったことだろうに・・・申し訳ない気持ちで揉んでいただいたが、痛いのなんの、時折電気が走ったようにびりっとくる。でも、揉んでいただいた後はとても気持ちがよかったので、その方の治療を本格的に受けることになり、友達と二人で予約を入れたのである。
それがTさんとの最初の出会いであった。

23:03  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

必然の出会い2

2010.09.24 (Fri)

その前日の私は落ち込みの極致に達していた。
仕事のことでも家族のことでも悩みを抱えており、車の中でひとしきり泣いてから家に入ってくるという毎日を送っていたのである。同じような境遇にあった友達が誘ってくれて、お茶をすることになった。
そして、あの喫茶店に入ったのである。
家の近くにありながら一度しか入ったことがなかった。その時は普通に珈琲を飲んで帰ってきたので、別にどうということもなかったのであるが、気にはなっていた。
それで、どこに行こうかという相談になったとき、『ちょっと行ってみる?』ということになったのである。
喫茶店は小さくて、あまりお客は入らないようになっている。小柄な品のいいママがいて、いつも笑顔を絶やさない。居心地のいい空間である。
珈琲を飲みながら、窓辺を見ると水晶や石が置いてある。
『パワーストーンあります。必要な方は声をかけてください』
という張り紙に目がとまり、ちょっと聞いてみようかな、という気になった。
そこで、思い切ってママに話しかけたら、ママはちょっと困ったような顔をして、
「石のことを説明して、わかってもらうにはちょっと時間がいるので今すぐにはお出しできないんです。」
とおっしゃる。
どんなことか気になったので、聞いてみると
「身の回りを浄化してからでないと、持っても効果がない。」
とのこと。つまり、家が片付いてないとダメっていうことらしい。詳しいお話は後日伺うことにして、とりあえず家に帰って散らかしてあった部屋を片付けることにした。


23:20  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

必然の出会い1

2010.09.23 (Thu)

今年、同じ時期に職場を変わった人に今日、偶然会った。今の職場は大変だと見えて、前から痩せていたのにさらに痩せてしまっていた。最近になってまた太ってしまった私は穴があったら入りたい気分であった。
先日、元の職場に顔出しした彼女は
「なんか、穏やかでのんびりしたあの雰囲気に違和感を感じてしまった自分がいたんですよ~。」
と、話していたが、それは私も感じていたので
「順応性が高いよね。」
と笑い合った。もうあの職場には戻れないんだということをひしひしと感じてしまう。
それがいいかどうかはわからないけれど、いやだいやだと思いつついつか染まっていくものらしい。
ま、私の場合はパワーストーンに出合っていなかったらこの半年間の危機的状況を乗り切れたかどうかはわからないけれど…

22:15  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

4444

2010.09.19 (Sun)

4444

以前、買い物をしたときにトータルで3333円になったことがあり、そのレシートを取っておいたらいつの間にか感光して文字が消えていた。
今回、買い物が4444円、消費税が222円というぞろ目になったので、こんなことはもうないかも♪(実は以前にもこの数字になったことがあるんだけど)と思ってパチリ♪
私も物好きだね。
22:32  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

お買いもの♪

2010.09.18 (Sat)

おちびがリュックに入れて持ち歩いていた電子辞書を落としてなくしてしまったと、半ベソをかいて帰ってきた。その姿があまりにも哀れだったので、私の電子辞書を貸してやった。
しかし、私も職業柄、辞書がないと困る。
折しも、今夜はLABEで飲み会があったのである。会場に行く前に電子辞書の売り場をのぞいてみた。・・・う~ん、やっぱり、高いなぁ・・・しばし逡巡。そうこうするうちに、飲み会の時間になってしまった。今回は飲み放題食べ放題のバイキング形式である。
飲み会はいつも車で行くので、私は飲んだことがない。飲まない者にとっては飲み会の費用は高く感じられるものだが、今回は飲み放題のバイキングということで気楽であった。食べる量は自分で決められるし、もったいないからと食べたくないものまで食べる必要もない。何より人の飲み代まで負担しているという気分にならなくて済むから有難い。
時間制限があったので、みんなで一斉に料理を取りに行ったが、食べながら
「どうしてバイキングって、がつがつ食べちゃうんかねぇ。もっとゆっくり食べてもいいのにねぇ。」
と言っている人がいて、
「なるほど・・」
と思った。言われてみれば、そうかもね。

満ち足りてお店を出て、もう一度電子辞書売り場まで行ってみた。
「即断即決じっくり後悔」タイプの私にしては珍しく一時間以上も売り場で悩んだ。
店頭に出してあるものを処分する形になっているものは、確かに安いが、元の値段もそれほど高くない。人があれこれいじりまわしたものを買うのもどうかなぁ・・と思い、結局、処分品は買わずに新しいものを買ってしまった。
この新しいのをおちびにやると、おちびも気がひけるだろうから(そんなことはないかも知れんが)私が使うことにした。
やっぱり、新しいものっていいね♪
00:26  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

秋来ぬと・・

2010.09.16 (Thu)

暑い暑いと言っていたのに、気がつけば空は高く、風は冷たくなり、田んぼの畦にはコスモスが咲き、いつの間にやら秋の気配・・・
そうして、ほったらかしの私のブログにも「飽き」の気配が…いつの間にやらスポンサーなんとかが入っていた。やれやれ・・メインのブログをこんなにおっぽらかしておいたなんて・・・4月の転勤以来落ち込んでいた私の気分も秋の気配とともに、ようやく浮上してきた感じ。(この間のことはまた、おいおい書いていくとして。)
職場と家の往復だけでは、人間的な生活とは言えないなぁ・・・というのがこの半年間の偽らざる心境である。

19:00  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。