06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

お騒がせ

2008.07.28 (Mon)

「やっべぇ~」
電話を切った同僚が心なしか、青くなっている。あまりの暑さに昼間からうとうとしそうになっていた私も、切実な同僚の声に目が覚めた。
隣に座っている同僚の携帯に電話がかかってきたのだが、もたもたしているうちに切れてしまい、同僚はかかってきた電話番号にかけ直していたのである。すると・・・(以下は同僚の話とその時の状況から)
「はい、○○警察署です。」
「・・・・!」
同僚は絶句したのち、
「ほんとに○○警察署ですか?」
と確認。相手は真面目に答えている。
「あのう・・・誰が私の所にかけたかわかりますかね?」
と、しばらく電話に出たそのお姉さんと同僚は話をしていたが、結局は誰がかけたかわからなかったようである。
しばし呆然としている同僚に、
「何をやらかしたん?」
と、その場に居合わせた面々は興味津々。
「身に覚えがない。」
と言いはる同僚。
「もしかして家族に何かあったかな?」
「携帯にはしてこないでしょう。まず、家電だよね。」
「援交の相手が捕まったんじゃないの?『これがおぢさんの番号です。』とか何とか言って、警察が確認のために電話してきたんじゃないの?」
「そうかなぁ・・」
(ちょっと!否定してよ、冗談なんだから!)
適当なことを言って遊んでいたら、また、同僚の携帯が鳴った。焦って電話を取ると、どうやら、最初に電話をよこした○○警察署の人らしい。
しばらく話していた同僚は憮然たる面持ちで電話を切った。
単なる間違い電話だったとか・・・
人騒がせだけど、笑えた。(他人事なので)



スポンサーサイト
20:51  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

地理オンチ

2008.07.23 (Wed)

自慢ではないが、(この手の自慢は決して自慢になるような話ではないと相場が決まっているが・・)私は地理が大の苦手である。
思い起こせば、高校一年生の時、地理のハラボジ先生は、前のほうの5人にだけ届くようなお声で授業をなさっていたので、当然のことながら後ろのほうに2列目以降に座っていた私は漫画を読んだり居眠りをしたり、授業時間を実に有効に活用していた。おかげで、地理は赤点すれすれ。未だにナントカ気候だのナントカ山脈だのナントカ市だの全く理解できず、従って地図を読むのも苦手である。
先日、だんなが何かの話のときに
「箪笥の日本一の生産量を誇る県はどこか?」
と聞いてきた。47都道府県は北海道から覚えるので、途中で挫折する。関東地方から下(南と言うべきか?)はうろ覚えである。四国なんて、何度やっても覚えられない。とりあえず箪笥=木材のイメージから、木の生えていそうな県名をあげてみる。
「長野県?」
「違う。」
「じゃあ、岐阜県?」
「違う。ヒントをあげよう。九州地方。」
「熊本県。」
「第二ヒント。ドンタク。」
「博多県・・・はないしなぁ・・・九州の上のほうだよね。宮崎でも鹿児島でもない。う~ン・・大分か佐賀あたり?」
「第三ヒント。ソフトバンク。」
「ソフトバンクは長崎じゃないよね?」
「第四ヒント。ドーム」
「なおさらわからないよ。」
ということで、ついに名前が出てこなかった。小学校ではあまりにも地名がわからないということで4年生から都道府県を覚える勉強が入ってくるらしいが、私もこの夏は47都道府県を全部覚えられるように頑張ろうかなぁ・・・とりあえず。
20:05  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

おこぼれ2

2008.07.10 (Thu)

実家には東京の叔父が2か月ほど前から梅もぎの手伝いに来ている。働き者の叔父で、すこぶる元気がよい。
その叔父は無類のタケノコ好きで、しょっちゅう竹藪に走って行っては、タケノコを採ってくるらしく、義妹が
「モモさん、お願いだから食べてください。」
と言って、ゆがいたタケノコを持ってきてくれる。
そして、例によって我が家では、2~3日ぶっ続けで「タケノコご飯」と相成る。
今夜も帰宅途中にスーパーに寄っていたら、義妹から「タケノコを持って行って置いてきました。」というメールが来たので、予定を変更してタケノコご飯を作ることに…
鶏肉、人参、油揚げ、しいたけなどを炒めて煮込んで(水は使わないけれど)味付けをして、
「さあ、ご飯に混ぜよう♪」
と、炊き上がったご飯のふたを開けて、ぎょっ!!
そうだった。
生協で「15穀米」というのを買ったので、今朝お米を研いだ時に一袋入れておいたのだった。炊き上がったご飯はお赤飯のようで、これだけで食べるには十分おいしい。
しかし・・・う~ん・・・これでタケノコご飯を作るのはどうもなぁ・・・
というわけで、結局は煮込んだタケノコはちびちびと、ご飯にかけて食べるお粗末さ。
とほほ・・・
この計画性のなさはどうにかならんもんだろうか。
泣き顔

ベゴニア
21:31  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

夕立ち

2008.07.08 (Tue)

DSCN1912_convert_20080708214308.jpg

夕方、スーパーに寄っていたら、ものすごいどしゃ降りになった。ここ何日か、毎日のように夕立が来る。今日の夕立ちは雷は鳴らなかったが、雨量が半端じゃなかった。傘を持っていなかったので、100円ショップに飛んで行って、ポンチョを買った。
お花屋さんで安い苗をたくさん買い込んでいたので、それも持って車に乗らなければならない。
少し小やみになった時に、店主が傘をさして花を入れた段ボールを持ってくれたので、無事に車に乗ることができた。
車に乗り込んでからポンチョを脱いだが、車の中はびしょぬれになってしまった。
ワイパーを思いっきり動かして走らせたら、300メートルも行かないうちに、雨はあがってしまった。
「え~!!あのどしゃ降りはなんだったんだぁ~!」
と、一人で突っ込みを入れながら、家まで帰ってくると、そこは雨の気配もない。
植木に水をくれたり、買ってきた苗を植えたりしているうちに、川の方からものすごい音が聞こえてきた。
さっき上流で降った雨が川に流れ込んで、濁流となって流れている。
ご近所の何人もの人がびっくりして川をのぞきに来ている。
「ふっふっふ。私は増水の原因を知ってるもんね。」
と、ちょっと嬉しい。(喜ぶほどのものでもないが・・・)
「夕立ちは馬の背を分けて降る。」
とは、祖母がよく言っていた言葉だが、本当にそうなんだなぁ・・・と、しみじみと感じた今日の夕立ちであった。

21:58  |  日常  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

おこぼれ

2008.07.07 (Mon)

今年度用のヨンジュナのカレンダーを買わなかったので、台所のカレンダーは昨年の11月12月のままだった。そろそろ別のに変えるかなぁ…と思っていたのだが、今朝、職場に行ったら、上司がにこにこしながら近づいてきた。
ビニールに包まれたポスターらしきものを2本手に持っている。
「もしかして、眼鏡市○に行かれました?」
と聞くと、にっこりされた。
「二つとも同じものかもしれませんが、モモさんにあげます。」
と言うではないか♪
家に持ち帰って、開けてみたらアップのヨンジュナと上半身が写っているヨンジュナだった。
カレンダーの上からアップのヨンジュナを飾ってみる。
ああ~そんな熱いまなざしで私を見ないで♪
明日から、またしばらくは台所に立つのが楽しみになった。
笑い。
22:36  |  ヨンジュナ  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。