07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

間抜けなお話

2010.02.22 (Mon)

パソコンを使っていたら、画面が暗くなった。コンセントを見る。電源は入っている。どうしたんだろう・・・?不安になって、パソコンを切った。すると、
「ウィ~ン・・・」
という音とともに、ぷちっという感じで電源が落ちた。その後、電源を入れているのに、いくら押しても引いても(いや、引きはしなかったけど)電源が入らない。
ひえ~!!
このかき入れ時に、パソコンが動かなかったら、仕事はどうなるんだぁ~!!
困った時のだんな頼み。
だんなのところへ飛んで行き、事情を説明する。だんなはしぶしぶやってきて、パソコンを矯めつ眇めつ眺めたり、電源を押したりしているが全く効果がない。画面は真っ暗なままである。頼みの綱のだんなにもどうすることもできないのか…
「どうして、いつもこんなになってから俺を呼ぶんだ。壊れる前に呼べ。」
と言って、いつぞやのトイレのことまで持ち出してぶうぶう言っている。
しばらくして、コンセントをいじっただんなが一言。
「コンセントが、きっちり入ってない。」
・・・・・
一件落着。
さんざ、馬鹿にされたことは言うまでもない。
スポンサーサイト
22:22  |  失敗談  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

真夜中のクラッシャー

2009.03.03 (Tue)

我が家で私がクラッシャーと呼ばれて久しいが、昨夜もまたクラッシャーとしての歴史にまた新たな1ページを・・・
美術の作品の提出期限が迫っていたおちびが徹夜をして、夜中に何やらごそごそやっていたのでだんなが目を覚ましたらしい。
で、そのついでにトイレに行ったら、トイレの水が止まらなくなったのである。
「なんか、トイレの水が止まってないよなぁ・・。」
という声に、目が覚めてしまった。時折、トイレの水が止まらなくなって無駄に流れていることがある。大蔵大臣(今は大蔵大臣って言わないのか・・・)としては見過ごせない。
そこで、モモの登場とあいなった。
トイレに行ってみると、確かに水がざあざあ流れていて止まる気配がない。
タンクのふたを開けてみると鎖がプラプラしている。
水が止まる仕組みもよくわからないまま、このプラプラしている鎖を引っ張ればなんとかなるだろうと思い、ぐっと引いてみる。
びくともしない。
そこで、さらに力を入れて引いてみる。
さらに・・・ぐっ!!
ぶちっ!
ドクロ
ありゃ、鎖が切れてしまったよ。
しかし…水はとりあえず止まったようだった。

「ねえねえ。とりあえず水は止まったようだけど、鎖が切れちゃったよ。」
ベッドに戻ってだんなに報告すると、だんなは起き上がって見に行き、トイレの水が流れなくなったと言って怒っている。
「なんで、そう、いつも余分なことするんだよ~!!」
「だって、引っ張ったら切れちゃったんだもん。もう水は止まったから明日直せばいいよ。」
「壊れているのにほっとけないだろ!」
(そうかね?あたしゃ一向に構わんが・・・直るまで下のトイレを使えばいいんだし・・・)
真夜中だというのにだんなは工具を持ちだしてガタガタやっている。
このまま寝ちゃってもよかったんだが、あとがうるさいので仕方なくお付き合いする。(って、誰が壊したんだか…)
寒いトイレで10分ほど格闘していたらやっと直ったようだった。その後だんなは寒くてしばらく寝られなかったようだが・・・
えらいすまんこって・・・・。
さる5 泣


00:45  |  失敗談  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

飲み頃

2008.06.12 (Thu)

帰宅して、荷物を家の中に運び込んだり外で花に水をくれたり(「水くれ」というのはどうやら方言らしい。「水やり」というのが共通語だとか…)しているうちに、胸ポケットの中に入れていた携帯電話がどこかに行ってしまったことに気がついた。
雨でも降ったらまた余分な出費になるので、歩いたところをくまなく探したが、見つからない。どんどん暗くなるし、おちびから電話がかかってくる時間にもなるしで気が気ではない。
家電から携帯に電話を入れたら、台所のほうからかすかに音がする。
急いで飛んで行ったら、着メロの「千年恋歌」が冷蔵庫の中から聞こえてきた。どうやらビールを冷やすときに、一緒に入れてしまったらしい。
取り出してみたら、ほどよく冷えていた。
苦笑い
21:39  |  失敗談  |  Trackback(1)  |  Comment(10)

DV?

2008.03.05 (Wed)

今朝、だんなに殴られた。
このことを職場で言ったら、驚かれた。
私も驚いたし、何よりも殴っただんなが一番驚いていた。
朝、だんなが上着を着ているそばをすり抜けようとしたら、だんなが思い切り振り下ろした腕が私の上唇を直撃したのである。
すげぇ、痛かった。
痛かったのに、私が謝った。
理不尽である。
だんなに甘いおちびは
「お母さんが勝手に自爆したんでしょ?」
と冷たい。ま、確かに・・・そうではあるが・・・
泣き顔
00:09  |  失敗談  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

離れ業

2008.02.23 (Sat)

8時35分に病院の予約を取ってあったのに、目が覚めたら8時13分だった。
ぎょえ~!!
猛ダッシュで着替えてだんなに車を入れ替えてもらって(だんなの車が前だった)、家を出たのが5分後。
マスクをして家を出た私に、だんなが
「何で、マスクなんかしてるんだ?」
「だって、化粧も何もしてないんだもん。」
そう、とても素顔(しかも寝起き)では歩けない。しかし、その甲斐あって、予約の3分前には病院に入ることができた。
我ながらすごいと思う。
エ?
もっと早く起きろ?
その通り。面目ない。
汗;
10:35  |  失敗談  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

世にも恥ずかしいこと

2006.09.25 (Mon)

先日、母から借りている軽自動車でナルを迎えに行き、車に乗せて帰ろうとしたら信号待ちをしている時に突然車が止まってしまった。
焦るけれどもエンジンはかからず、後ろには渋滞が・・・・幸い(?)にも2車線の左側だったので、後続の車はよけて通ってくれたが、冷や汗ものであった。
音楽をがんがん鳴らしてやってきた兄さんにクラクションを鳴らされただけで、後の人たちは迷惑そうにはしていたけれど、文句も言わずにやり過ごしてくれた。
管理職風のおじさんがわざわざ止まって
「ハザードぐらいつけたほうがいいよ。」
とアドバイスしてくれたが、それもつかないので必死に頭を下げる。
だんながやってきて交通整理をしてくれたが、車は結局動かず、レッカー車で修理工場へ。
生まれて初めてレッカー車なるものを間近で見てしまった。
多くの人々に迷惑をかけてしまい、どんよりと落ち込んでいたら、ナルが
「交通量の多い国道でポシャらなかっただけましだよ。ボジティブシンキング。」
と言ってたけど、そんなことになっていたらおまわりさんが飛んできちゃうよ。
車のほうは簡単な修理で直ってかえってきた。故障の兆候があったのにちゃんと対応しなかったことが悔やまれてならない。今後はきちんと点検して乗り出そうと大いに反省した出来事であった。
23:35  |  失敗談  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

・・・懺悔

2006.09.01 (Fri)

言い訳をすれば、今日の私はとても忙しかった。
今日中にメールで送らなければならない書類をエクセルで作っていたのだが、できたと思ったら、保存に失敗してやり直し。焦ってやり直していたら知り合いから電話があって、今から職場に来るという。
「今日は早く帰りたいから・・」
と言ったのに、ケーキを焼いたから持ってくるという。帰りがけに2箇所も寄らなければならないところがある私は気が気ではないがひたすら待つことに・・・
彼女は私だけでなく職場の人たちにもケーキを焼いてきてくれたので、同僚たちの歓声に送られて給湯室へ。きれいに切れたので持っていこうとして、ふと生協のチラシに目が行った。
よせばいいのに一度に二つのことをやりたがるせっかちな私は、ついでに生協のチラシも持って行くことにする。チラシの上にケーキを乗せて歩き出したが、生協のチラシはビニール袋に入っていてやけにつるつるすべる。
あっと思う間もなく、ケーキが私の手を離れて空を舞い、一回転して見事に床に着地した。
あ・・・・
・・・みんなが待っている。
・・・ケーキをくれた人もまだいる。
ここは出さねばなるまいなぁ・・・・
葛藤の末、床からケーキを拾い上げた私はお盆に乗せかえて持っていった。何も知らないみんなは
「おいしい、おいしい。」
と言って食べていた。ミアネ・・・チョンマルミアネヨ~
まあ、賞味期限を1ヶ月も過ぎているのに平気でゼリーを食べるタオルオンニは大丈夫だろう。私も毒味をしたが、味はとてもよかったし・・・(そういう問題じゃなかったね)
職場の皆様、本当にごめんなさい。

↓のケーキは彼女が持ってきてくれた落ちていないケーキ。
チョコレートケーキ
23:10  |  失敗談  |  Trackback(0)  |  Comment(13)

早とちり

2006.08.11 (Fri)

最近、また裁縫熱がぶり返してきて暇さえあればチクチク縫っている。「1時間もあればできる」と書いてあるのに、大概その倍はかかってしまう。
例によって私の早合点によるもので、今回は作り方に書いてあった裏と表を読み間違えて全部縫い終わってから間違えたことに気がついて、泣く泣く縫い直しをしたからなのである。
この手の間違いを何度繰り返したことか・・・

rosewoodさんのブログでも書いてきたが、職場の同僚がカナダに旅行に行ってお土産をくれた時も、
「海外旅行のお土産=香水」
という図式が出来上がっていた私は瓶詰めの茶色い液体を香水と思い込んでちょっと気取った気分で耳たぶにつけてみた。しかし、この香水、あまり匂わないし、なんだかべとべとしている。
変に思ってよくよくラベルを見てみたら「100% PURE VERMONT MAPLE SYRUP」と書いてあった。
なるほど小瓶は楓の形をしているではないか。カナダだもん、メープルシロップだよね。
00:49  |  失敗談  |  Trackback(0)  |  Comment(9)

猿に噛まれた話<詳細>

2006.07.25 (Tue)

ピンクよりも元気なキキョウです


すでにこの話はブログに書いたことがあるのですが。
あれはン十年前の大学生の頃、サークルの仲間と夏休みに秩父にキャンプに行き、さる山(場所は忘れました)に猿を見に行きました。
園内は猿が自由に闊歩していました。飼育員のようなおじさんが
「猿と目を合わせないように・・・目を合わせると威嚇するために噛みますから。」
と説明してくれて
「なにをわざわざ目を合わせる必要があるのよ。」
と、内心笑っておりました。ところが・・・
柵にもたれて立っていた私の方をとんとんとたたく人がいる。サークルの仲間かな?と思って振り向くとそこには猿が・・・
ばっちり目が合った私と猿。
恐怖に目を見開いた猿は私を噛むと私のハンカチを奪い取って脱兎のごとく走りサル。
飼育員のおじさんは私のハンカチを猿から奪い返すべく追い掛け回してくれました。その後、おじさんが赤チンで応急手当をしてくれたけど、弟たちには散々バカにされ、
「サルモレラ菌がうつる。」
と言われました。違うと思うんだけど・・・
20:39  |  失敗談  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

ぼけ指数120%

2006.07.15 (Sat)

アメリカンブルーだったかな?

今夜こそ鰻を食べようとお米を研いで準備万端整える。
夕方から雨が降り出して少しは涼しくなった模様。おちびを塾に送ったらナルからお迎えに来てコールがきた。家に帰るには中途半端な時間なので、そのままコンビニの駐車場で時間をつぶしてナルを迎えに行く。
雨の中濡れながら自転車を積んで帰宅。
さあ、遅くなったけれど夕ご飯。と思いきや、あら・・・
ご飯のスィッチが入れてなかった・・・・
あはは~♪
まあ、こんなこともあら~ね。仕方なくお昼のうどんの残りとジャーマンポテトでさびしい夕食を済ませる。
というわけで、今夜も鰻はお預けである。
いったいいつになったら鰻を食べることができるのだろうか・・・自問。
21:50  |  失敗談  |  Trackback(0)  |  Comment(12)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。