07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

「口ぐせひとつでキミは変わる」

2011.01.17 (Mon)

ぶらりと図書館に寄ったら気になる題名の本が目に付いた。『口ぐせひとつでキミは変わる』がそれである。中高生向けの本だったけど、中高年の私が読んでもよかろうと思って借りてきた。
前半は夢のある若者向けの内容だったが、後半は夢がしぼんできた中高年でも十分に読みごたえのある内容だった。中でも、一番はっとしたのは、「朝一番と、眠る前の言葉を大切に」という項目だった。
隣で寝ている人(だんな)は、朝起きるとき、マイナスの言葉をはくことが多い。それを耳元で聞いていると、イライラしたりどんよりしたり、こっちの気分まで滅入ってくる。最初は励ましたり叱咤したりしていたのだが、私のエネルギーレベルがどんどん下がる気がしてきたので、朝はなるべくだんなより早く起きて聞かないようにしていた。(冷たい妻である)

夜眠る前に、「今日はいい一日だった。ありがとう。」で眠り、朝起きた時に「今日もいい一日になりそう。」で目覚める。
これを習慣化させることで幸福体質になれるそうである。だんなにもぜひ言ってもらいたいものである。
この手の本は、読んでいるだけでも気分がよくなってくるから不思議だ。

口ぐせ・・
スポンサーサイト
21:19  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

雑感

2008.01.12 (Sat)

「魔法使いハウルと火の悪魔」(「ハウルの動く城」)を書いたダイアナ・ウィン・ジョーンズの「うちの一階には鬼がいる!」を読んだ。
主人公のキャスパー少年は魔法の薬によって、快く思っていなかった義兄弟(継父の連れ子の一人)マルコムと体が入れ替わってしまう。
一日中、マルコムの姿をして、マルコムの置かれた状況を身をもって経験することにより、マルコムに対する見方を変えるようになる。劇的な変わり方ではないが、少しずつ、相手を理解しようとするのである。
以前読んだ「めぐりめぐる月」の中にあった<人をとやかくいえるのは、その人のモカシンをはいてふたつの月が過ぎたあと>という言葉とも重なって、考えさせられた。
こじれた人間関係が再生されていく話を読むのは心があったかくなって気持ちがいいものである。気の合わない人でもやみくもに嫌ったり避けたりしないで、相手を知り、相手の言葉に耳を傾けようとすれば分かり合えるのではないかという希望が持てる。
ただ・・現実の世界は・・ね。
本の世界のようには上手くいかないのが悩みである。

永遠に理解することなく終わってしまった関係の人もいるし・・・涙
01:20  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

なぁんげぇはなしっこ・・・

2005.10.15 (Sat)

セイタカアワダチソウ・・・最近花粉症の原因にもなってる繁殖力旺盛の外来種、別名ブタクサとも。


ボランティアで4年生に読み聞かせをすることになり、「なんげえはなしっこしかへがな」太田大八:銀河社:1365円を持って行った。4年生にはやさしすぎる絵本だけれど、我が家の子ども達が大好きだったので・・・
最初に
「読んだことある?」
と聞いたら、
「ない。」
と言うので、内心ちょっと安心。けっこう、読み聞かせの盛んな学校なので誰かが読んだかもしれないと思っていたから。
方言(たぶん東北地方の方言だと思うのだけれど)で書かれているので読みにくいのだが、子ども達は随所随所で笑いながら聞いてくれたのでほっとした。
「ミンミンミンデデッポッポ」
などの単純な言葉のくり返しによく反応する。読み終わった後、子ども達が読みたそうにしていたので、
「一日だけ貸してあげるよ。」(一日だけっていうところがけちな私らしいね)
と、教室に置いてきた。
後で担任の先生に聞いたら、
「子ども達に読んでくれってせがまれました。Mくんは『今日、お母さんに図書館に連れて行ってもらって、借りてくるんだ。』って話してましたよ。」
とのことだった。Mくん、今頃借りて読んでるかな?

ふぶきさんのブログで松平健さんが再婚したことを知る。へぇ~松平健って大地真央と離婚してたんだぁ・・・なんて一人時代遅れ劇に興じる。将軍様も再婚ですか・・男は何度も結婚のチャンスがあっていいですな。(あ、これはすべての男に共通することではなかったかな)
ここで私の連想が始まる。
①将軍様→ジャングン→『初恋』のジャングンくん→チャヌ→ヨンジュナ
②将軍様→ジャングン→『初恋』のジャングンくん→チャぁノクしぃが妊娠と知らずに胃薬を飲む→大騒ぎ→新婚旅行中に風邪薬を飲み、あとで妊娠初期だったことがわかり焦った記憶がよみがえる
さて、①の連想を大事にして、今日は久しぶりに『初恋』でも見ようっと。
(本当になんの脈絡もない、「なぁんげえはなしっこ」で失礼しました。)
10:45  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。